次亜塩素酸水ってどんなもの?

次亜塩素酸水は、一定の割合で有効塩素が含まれる酸性電解水です。厚生労働省は、次亜塩素酸水の定義について、有効塩素濃度10~80ppm(1ppm=100万分の1%)の範囲と定義しています。最大有効塩素濃度の場合も、次亜塩素酸水に含まれる塩素の割合は10万分の8%とごくわずかであり、人体への影響はほとんどないと考えられています。

また、次亜塩素酸水の酸性度は、製品によって異なるものの、一般的に家庭で除菌・抗菌剤として使われているのは、pH5.0~6.5と酸性度の低い弱酸性次亜塩素酸水です。このため、規定の濃度であれば、皮膚に触れても悪影響はほとんどないとされています。 次亜塩素酸水のことが日本一わかるサイトより

エコムーバーグローバルグループでは、消臭・除菌効果を最大限発揮できるよう独自の混合方式で弱酸性次亜塩素酸水を生成し、「ジアムーバー酸化水」として、販売しています。

PAGE TOP